×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Y-O-Ake【夜明け】

作曲編曲実演:ALL TO A MASH

インストルメンタル


映像説明:

これはKAKKYさんが
『THE ELEMENTS』というバンドを
やっていたい頃に、
よく使っていたレンタルスタジオで
セッション中に作った曲で、
ビリー・コブハムの『スペクトラム』
に収録されている、
ヤン・ハマーのシンセサイザーを
フューチャーした作品「ストレイタス」を、
もろイメージして即興で作った曲を、
後でパソコンでアレンジし直して、
そのカラオケをバックに
生プレイしているテイクです。

あとでジミヘンがウッドストックで
初披露したインスト・ナンバーにも
ちょっと似てたんで驚きました。
タイトルの『Y-O-Ake』は
『夜明け』をローマ字で分解してます。
一応『ワイ・オー・エイク』って
読んでますけど…^^
カメラ据え置き生演奏録画
にしてはカッキイイんで、
記念に取り上げてみました…^^:

【この作品を2006/3/18(土)に公開したほぼ三ヶ月後?
ジェフ・ベックがアメリカで行ったツアーでも
「ステイタス」がジェフのギターで演奏され
翌2007/5/23、日本のファンだけのために発表された
《ライブ・ベック’06》に収録されました。
なんだかとっても嬉しいです。^^

実はジェフ・ベックがBB&Aを解散して
初のソロ・アルバムとして発表した「ブロウ・バイ・ブロウ」も、
ビリー・コブハムがやったことのジェフ・ベック風的発想だったそうな…

このKAKKYさんとの偉大なる感性の一致に、
KAKKYさんは大感動です。】

(2007/8/12(日)加筆修正更新)