×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

奴はハートブレイカー

作詞作曲:ALL TO A MASH & Y.ITOH
編曲実演:ALL TO A MASH


奴は誰も相手にしない
誰一人奴の敵じゃない
誰もが奴のリズムに乗せられ
そして奴にひざまづく
奴はハートブレイカー
気まぐれな成金野郎
洒落たグラスを傾けて
人の心を駄目にする

そうさ奴の行く所
必ず誰かが涙を流す
金が世界の全てを変える
今でも奴はそう思う
奴はハートブレイカー
気まぐれな成金野郎
金の延べ棒ちらつかせ
人の心を駄目にする

ハートブレイカー
ハートブレイカー
ハートブレイカー
ハートブレイカー



映像説明:

この作品は『エレメンツ』を結成する直前に、
級友でもあり、初代ドラマーでもあったY.ITOH が、
1 コーラスだけ書いた詩に、KAKKYさんが、2 コーラス目を加え、
リフのヒントもY.ITOH の口から出たフレーズを、
KAKKYさんが記憶を頼りに完成させた思い出の共昨です。

とはいえ、ほとんど八割以上はKAKKYさんの作曲編曲ですので、
ホントはKAKKYさんのオリジナルとして発表してもいいのですが、
一応、青春の思い出に敬意を表して、正確な事情を記録しておきます。^^

カラオケはいつもの様にパソコンで作成したもので、
2006/12/8(金)~9(土)にかけて、
伊勢佐木町の某有名スタジオでライブ録画して来ました。^^

『ようこそ音楽堂』にも公開してあるオリジナル作品で、
『導火線』でも何度か演奏しました。

アドリブ前半はDeep Purpleの『リビング・レック』とか、
『ミステゥリーテッド』を彷佛とさせるのではないかと、
KAKKYさん的には気に入ってます。^^

『ハートブレイカー』というタイトルの作品は、
レッド・ツェッペリンとグランド・ファンク・レイルロードで有名ですが、
二つとも全く違う作品です。

後半に『ハートブレイカー』を繰り返しているのは、
グランド・ファンク・レイルロードのヒット作を、
ハードにパロッたみたいになっちゃいましたが、
KAKKYさん的には敬意を込めてやってるつもりです。^^

今回の映像では、久々にサイトのメインページの画像の衣装でやってみました。^^

前に公開した『スモーク・オン・ザ・ウォーター』のライブ映像でも、
同じ衣装なんですが、あの時は、光の反射で随分膨れて映っていたけど、
今度のは、割と普通のスタイルで撮れたんで、
かなりいい線行ったつもりだったんですが、
ちょっとギターの音量が大きかったのか?

たぶんまたカメラをセッティングした位置が、
ちょうどギターアンプの正面だったせいか、
少し高い位置にあるモニターから出ているカラオケの音を、
拾い切れていないのが「残念!」な感じでNGなんですが、
全体的な雰囲気がいいかもしれない様な気がするので、
とりあえず自画自賛用に公開させていただきました。^^

毎度のことながら、お耳汚し、お目汚しは御勘弁のほど…m(__;)m

【この作品のリフの二分の一小節は、
Y-Itohがイアン・ギランバンドの「スキャラバス」のイントロみたいなのがいい、
と提案した時に出来たものですが、そこから先のアレンジは、
ジミヘンのバンド・オブ・ジプシーズ時代のサウンドや、
ビリー・コブハムの「スペクトラム」に収録されている
「ストレイタス」がヒントになってます。

それから後で気付いたんだけど、
第二期ディープ・パープルの「ブラッド・ザ・サッカー」にも、
かなり似ちゃってましたけど、これも無意識の一致です。

ロックやブルースの3コードやラップと同じで、
主旋律である歌メロが違えばギリギリセーフでしょ?^^
テレビアニメの「ワンピース」の主題歌でも、
タッキー&ツバサの歌のバックに、
KAKKYさんの「City Wars」のイントロからパクッたとしか思えない
ギターのカッティングが入ってるしね。^^】

(2006/12/11(月)作成、2007/8/11(日)加筆更新)

^0^