次の世界へ

作詞作曲編曲実演:ALL TO A MASH

いつかは君も きっと旅立つだろう
魂だけが 住む世界へ
そこでも君は たぶん(きっと)会えないだろう
神様だとか 仏様には…
似た者同志の 魂達に
君はまったり 囲まれて
当分楽しく 暮らすのだろう
そこが次の世界だよ
たぶん地獄じゃないけれど
きっと天国でもないだろう…

いつかは僕も きっと旅立つだろう
心に描いた 夢の世界へ
ここではそれを ずっと唄い続けて
御用が済んだら ハイ左様ならサ…
重たい荷物を そっくり(すっかり)捨てて
土に帰して おサラバさ…
僕は路上の 吟遊詩人
それが今の世界だよ
たぶん地獄じゃないけれど
きっと天国でもないだろう…

次の世界が見えるかい?
あまりに遠い世界かい?
この世の全て君のもの(次の世界が見えるかい?)
僕は少しで充分だ(あまりに遠い世界かい?)
次の世界が見えるかい?
君にはそれが見えるかい?
次の世界が見えるんだ
僕はそいつを唄うだけ
Oh,oh.oh,oh,oh,oh
次の世界へ
Oh,oh.oh,oh,oh,oh
次の世界へ


映像説明:
この作品は、路上活動の後期のもので、
ちょっとエリック・クラプトンの「チェンジ・ザ・ワールド」を意識して、
あのオシャレな感じを出せないものかと四苦八苦した挙げ句、
結局、こんなシュールな内容のものになってしまった…^^;

テレビドラマ化された「リング」の挿入歌っぽいかも…
後半のリフレインは奥田民夫さん臭く唄ってみたかったんだけど
この時はあまりうまく唄えなくて、しかも歌詞も間違えてしまった。
ギターもちょっとうるさいので、全体的にはNGなんだけど、
今のうちに公開しておかないと、出す機会を失いそうなので、
こういう耳汚し作は、早めにWeb上に旅立たせさせて頂きます。m(__;)m

この作品で一通り、サーバにUPしてあったmpegは公開しきりました。

次回からは、またテープからmpegに変換しながらの作業になるので、
ホントに次の世界に入ります。^0^